引越し侍2

引っ越し 準備

 

 
引っ越しが決まったら、どんなことをし始めなければいけないと思いますか?
 
準備に必要な事柄というのは、準備をし始める前にある程度計画しておかなければ、当日は非常にバタバタしてしまいます。
 
新天地へ移動した後、「手続きを忘れた!」など発覚した場合、最悪以前の土地に再度おもむき手続きを済ませなければいけません
 
 
そんなことにならないようにオススメするのが、引っ越し準備リストです!
 
必要な準備は前もってリストアップしておくことで、考えながら作業するということをしなくていいため失敗が少なくります。
 
また、準備期日を設けておくことで、手続きに関する完了日(完了しなければいけない日)を書いておくことがポイントです。
 
 
前もって準備するにしても限界があり、何時から何時までの間に手続きをしてくださいという指示がある項目が多数存在します。
 
この点は非常に重要ですので抜けがないようにチェックしましょう
 
ライフラインは撤去だけではなく、申し込みも必要です。
 
新天地で必要になる手続きも、準備リストに含めておきましょう。
 

引っ越し 費用

 
引っ越しをする時に気になるのは、業者にかかる費用です。
 
どの程度の予算が掛かるのか?合い見積もりをとるとどれほど差があるのか気になりませんか?
 
一括して見積もりを取ることも可能になった現代であり、
 
更に実際に家で行われる費用査定の際には交渉することも可能です
 
ここで、費用を安くするためのポイント
 
無駄なものは思い切って捨てていくということです。
 
それがどんなに大型な洋服ダンスだとしても、捨ててしまうと決定しただけで引っ越し費用が抑えられます。
 
そういった計画をしっかりと立てることで、荷物整理時に「やっぱりいらないから捨てる」といった無駄も省けます。
 
結局捨てるのならば、荷物を積める前のほうが荷物も減り、費用も安くなります。
 
 
費用に関しても安いならば安いなり、高いならば高いなりのメリット・デメリットも存在します。
 
合い見積もりをした後、見積書が出てくると思いますが、決断を迫られてもすぐに決めずしっかりと明細書を確認し、
 
本当に必要な項目が含まれているのかどうか確認しましょう。

引っ越し 業者

 
引っ越し業者を決める際に、どういった点を重要と考えていますか?
 
■引っ越し費用の安いところならなんでもいい!
 
■長距離移動ができる会社を選びたい!
 
■ペットも一緒に移動したい!
 
■高価な家具・美術品が多いから対応できる会社を知りたい!
 
お客様ひとりひとりに、多種多様な要望が存在します。
 
その要望にマッチした会社というのを探し出すのは、意外と骨が折れる作業です。
 
一般的な荷物しかない場合は、引っ越し業者選定に幅を持たせることが可能です。
 
 ただ、もし引っ越し業者に運搬をお願いしたいのにもかかわらず、無理だと断られる可能性があるのは美術品であったり、大きなグランドピアノであったりとたくさん存在します。
 
基本的にあまりにも高価なものというのは、運ぶにはリスクが大きいため専門業者に運搬をお願いすることで、通常の引っ越し分は価格を抑えることが可能になります。
 
 しかしながら、なにもかもも必ず1社にまとめてお願いしたいという希望がある場合は、予め特異な品物に対する詳細(数・特徴・大きさなど)をまとめておき、説明できるようにしておくことがポイントです!
 
 

【管理人プロフィール】


管理人:山梨こういち
サイトへの訪問ありがとうございます。このページは、引っ越しに関する情報を自分のメモとしてのこしておくために作成しました。せっかくなので、これから引っ越しを検討中の方にもお役にたてればと思い、公開することにしました。よろしければあ、御参考にして頂けると幸いです。

 

最新型トランクルーム・貸し倉庫

 

© 2018 引っ越し rss